人民網日本語版|携帯版

再開発で新たな活力注がれたホータンの旧市街地・団城 新彊

新疆維吾爾(ウイグル)自治区和田(ホータン)市の団城は、同自治区南部の典型的な旧市街地。中心部から外へと広がっていくような地理的構造で、その周りを囲むように路地が走っていることから「団城」と呼ばれるようになった。「阿依旺」と呼ばれる伝統的な住居や美しい彫刻が施されたドアや窓、手作りの民族工芸品ショップなどが人々を惹きつけ、現在、多くの観光客がこの地を訪れている。そんな団城だが、実はひと昔前までは古ぼけた住宅街で、住民のほとんどがハトを売って生計を立てていた。

  1 2 3   下一页